2013年08月28日

クレジットカード審査に通る申し込みのコツ

私が最もお薦めするカードはこちらぴかぴか(新しい)

クレジットカードを申し込む時、勤続年数や年収などは、どう頑張っても変えることができず、審査に通るように努力することは、時間(年数)がかかります。

しかし、申込書の書き方にちょっと気を付けるだけで、通りやすくなりますので、そのコツを挙げてみますね手(グー)

●ごまかさず、事実をしっかり書く
審査に通るか不安、という人や、どうしても1度で通ってすぐに利用したい、などという人は、ついつい事実以上のことを記入したくなるもの。

確かに、年収は多ければ多いほど、審査では有利ですが、ちょっと多めになど嘘の金額を書いては、勿論ダメです。

この年収の金額は、どこのカード会社でも、審査の基準にしている最も重要な項目、様々な調査方法で、嘘は見抜かれますので、事実を書くようにしましょう。

住所にしても、本当は親から離れて一人暮らしだが、同居の方が審査で有利だからと、実家の住所を書いたりしても、自分の住民票の住所と違えば、これもまたややこしいことになります。

“嘘、ごまかし”は“信用を失います”ので、審査では却って逆効果だと覚えておいてくださいexclamation

●年収は税込で
年収はごまかさず事実を書きましょう、と述べましたが、記入する年収額は、税込で書くようにしましょう。

中には、税抜きの金額を書いて、損をしている(審査に通らなかった)人もいる、わざわざ金額の少ない税抜きの額を書く必要はないんですね手(パー)

年収額を基にして、カードの利用限度額も決定されますので、限度額や審査を有利にする為にも、手取りではなく、“総額”を申告して良いのです。

毎月の手取り額に×12をして、だいたいこのくらいかなと年収を計算するのではなく、きちんと給与明細を見て、様々な税が引かれる前の金額を記入してくださいね。

●分からない項目を適当に書かない、空欄にしない
申込書に記入していて、例えば、「自分の勤務先の従業員数が分からないから、空欄にした」「資本金が分からないから、適当に書いた」なども、NGです。

その他にも、分からない語句や項目が出てくるかもしれませんが、インターネットで調べたり、サポートセンターに問い合わせるなどして、不確かなことを書かない、空欄は作らない、ように心がけましょう。

「審査に、勤務先の資本金なんて関係ない」と思われがちですが、さすがはカード会社で、申込書の記載に矛盾があったりすると、すぐバレて、信用が落ちる、となるんですねもうやだ〜(悲しい顔)

●丁寧に読みやすい字で
基本中の基本ですが、すごく重要なことです。

クレジットカードの申込書は、“入社の履歴書”を書いてるようなものです。

誤字脱字をなくし、審査する人が見やすい丁寧な字で書きましょう。

私が最もお薦めするカードはこちらぴかぴか(新しい)




posted by クレジットカードの審査 at 10:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月27日

クレジットカードの系列と審査

私が最もお薦めするカードはこちらぴかぴか(新しい)

クレジットカードは、“銀行系”“流通系”など発行会社の系列で分けることができますが、その系列によっても、審査が甘め(通りやすい)や、審査が厳しい(通りにくい)などと差があります。

以下、審査が緩く初心者におすすの順で挙げてみます。

●消費者金融系クレジットカード
アコムマスターカードが有名ですね。

他の系統に比べ、審査の難易度が最も低く、学生や主婦でも通りやすくて、審査が不安な初めての方に、特におすすめですよ。

ただ、審査に通りやすい分、金利が高めですので、使いすぎると、金利を沢山支払うことになる、“利用額”を常に意識して、計画的に使いましょう。

●メーカー系クレジットカード
石油系、交通系、航空系、自動車メーカー系や家電メーカー系などの業者が発行しているカードで、“会員カード”を兼ねている場合も多く、審査は緩めです。

消費者金融はイメージもありちょっと、と思われる初心者の方は、このメーカー系を申し込んでも良いですねグッド(上向き矢印)

●流通系クレジットカード
スーパー、百貨店、などが発行しているカードで、イオンカード、東急カード、OMCカードなどが有名です。

審査は、銀行系や信販系ほど厳しくなく、特に“主婦”をターゲットに募集している会社が多いですので、パートや専用主婦の方でも割と通過しやすいクレジットカードです。

安定収入があり、よくショッピングする、という人は申し込んでみてください。

●信販系クレジットカード
ライフカード、オリコカード、JACCSカードやセディナカードなどがあります。

元が信販会社ですので、確実に支払いができる顧客を選ぶ傾向にあり、審査基準は厳し目、初めて作る人にはおすすめはできないですがく〜(落胆した顔)

●銀行系クレジットカード
顧客の信頼性を最も重視していて、どの系統よりも、審査は断突厳しいですね。

MUGFカード(三菱UFJフィナンシャルグループ)、三井住友VISAカード、UCカード(みずほ銀行)などがありますが、これらの大元の銀行に口座を開設していると、審査に通りやすくなります。

預金口座があり、且つ、安定収入があれば、有利ですが、そうでないとちょっと厳しいです。

以上、まとめますと、「消費者金融系か、メーカー系・流通系が通りやすい」ですので、このどれかを申し込んでみましょう。

私が最もお薦めするカードはこちらぴかぴか(新しい)



posted by クレジットカードの審査 at 09:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月26日

クレジットカードのランクと審査

私が最もお薦めするカードはこちらぴかぴか(新しい)

クレジットカードには“ランク”がありますね。

一番知られているのは、“ゴールドカード”ですが、その他にも、普通一般の人誰もが持っている“クラシックカード”、若者向けの“ヤングゴールドカード”など色々存在します。

このような“ランク”によっても審査基準が異なり、通りやすいカード、通りにくいカードが出てきます。

初めて作る場合、いきなり“ゴールドカード”などを申し込むことはあり得ませんが、以下のような「ランクと審査(難易度)」を知った上で、申し込むようにしてくださいねペン

@クラシックカード(年会費無料)
学生、専業主婦、パート・アルバイトでも安定収入であれば、申込可能。

審査難易度は低く、初めて作る人に適したランクです。

Aクラシックカード(年会費数千円)
18歳以上で安定した収入があればほぼ大丈夫ですので、ここのランクも初心者はチャレンジしてみましょう。

Bヤングゴールドカード
つまり、“ゴールドカードを持ちたい若者向け”のカード。

20歳以上で安定した収入があれば、基本通過します手(チョキ)

Cゴールドカード
“一定額以上の安定した継続収入”が条件。

クラシックカードを事故なく使った実績も必要で、審査難易度は高めです。

Dプラチナカード
特別に所定の審査があり、審査難易度はとてもに高い。

中には、招待状がないと作れないこともあり、カード初心者は勿論、普通の一般人でもなかなか所有できないですので、あまり関係ないですねダッシュ(走り出すさま)

Eブラックカード
審査難易度はMAXで、カード会社からの招待が必ず必要です。

相当の収入がないと持てないランクで、持てる人は珍しいです。

以上のように、カードランクが上がれば上がるほど、審査条件も厳しくなり、通りにくくなるんですね。

初めは、一般カード(クラシックカード)から申し込んで、1度で通過&上手に使いこなしていき、ゴールドカードを目指していってくださいねパンチ

私が最もお薦めするカードはこちらぴかぴか(新しい)


posted by クレジットカードの審査 at 10:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。