2013年08月22日

クレジットカード審査に通りやすい人

私が最もお薦めするカードはこちらぴかぴか(新しい)

クレジットカード審査になかなか通らない人がいる一方、“審査に通りやすい人”がいることも事実です。

どのような人が通りやすいのか、を知っておきましょうパンチ

●国家公務員

●大手企業に数年務めている

●同じ住居に長年住んでいる

●年齢が20代後半から30代半ば


このような人であれば、お金を貸す側も安心できます。

最後の年齢についてですが、病気になる恐れがある年代、重い持病持ちや闘病中の中高年代などは、「いつ収入がなくなったり、連絡が途絶えたりするかもしれない」「長期にわたって返済できるのだろうか」という、貸す立場としての心配がある、とういう訳ですねダッシュ(走り出すさま)

要は、審査に通る人というのは、“信用がある”“安心できる”人なのです。

しかし、職業、勤続年数や居住年数などは、変えられない、どうしようもないことですので、通る人は以下のようなことにも注意してるものです。

●比較的作りやすいカード、自分に見合ったカードを申し込んでいる→カードの利用可能限度額や年収などの申し込み条件をよく確認しましょう

●申込用紙の文字を丁寧に書き、間違いをしない→基本中の基本ですが、意外に“抜け”が多いもの!

●在籍確認、家族への確認の電話の件をしっかり考慮している→申込書に記入した勤務先や自宅に、後日、カード会社から本人確認の電話がかかってきます。

その時に、電話に出た勤務先の誰かが、「そんな人(申込者名)は知りません。何の話でしょうか?」などとなると、NGですふらふら

自宅にかかってきて、家族の誰かが出た場合も同じですね。

その為、“しっかりと部署名なども記入しておく”“あらかじめ勤務先の人(家族の皆)に言っておく”などの対応をしておきましょう。

普通、安定した収入がある人であれば、審査には通るもの、ちょっとした意外な所で落とされることが多いですので、以上のことに気を付けて申し込みをしてくださいexclamation×2

私が最もお薦めするカードはこちらぴかぴか(新しい)




posted by クレジットカードの審査 at 09:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月21日

クレジットカード審査に落ちる原因

私が最もお薦めするカードはこちらぴかぴか(新しい)

クレジットカード審査に落ちる原因は、収入や職業などの場合が一般的ですが、意外と以下のような理由で落とされている可能性もありますので、心当たりはないか考えてみましょう!

(1)申込書の記入が雑で空欄が多い
審査に通らない原因の中で、最も多いと言われているのが意外にコレなんですよね。

審査基準に達していて問題ないのに、記入・入力もれ、電話番号間違いや誤字脱字で落とされるとは、すごくもったいないことです。

スコアリングによって審査を行いますので、空欄では評価のしようがなく、誤字脱字が多いと、「3C」のCharacter(性格)を疑われる、いい加減で信用できないと思われてしまう訳です。

また、電話番号間違いなどは重大な原因で、在籍確認(本人確認)の連絡を取ることもできず、当然審査には落ちてしまうんですねダッシュ(走り出すさま)

申込書の全ての欄を丁寧に、正確に記入するだけでも、通過は確実になる、落ち着いて記入して、見直しもするようにしましょう。

(2)スコアリングで一定の基準点に達しない
クレジットカード会社やカードランクによって、どの項目を重視しているかはそれぞれですが、どの会社も、年収・勤務年数・居住年数の3つの項目には、それぞれ最低ラインを設けています。

そのどれか1つでも最低ラインに達しない時点で、他の項目の点数がどんなに高くても、スコアリングで審査に落とされてしまうんですよね。

この3つのどれかが原因ですので、心当たりはどれかよく考えてみて、「収入が増えてから」「あと1年勤続してから」など、自分に足りない項目を補えたら、再度申し込みをしてください手(グー)

(3)直前に様々なカード会社に申し込みを行っている
クレジットカードの申し込み履歴も、審査の時にチェックされます。

その為、あまりに短期間に、複数のクレジットカード会社に申し込みをしていると、「何か悪用しようとしているのでは」「この人物には何かあるのでは」と判断され、信用の面でマイナスになり、落とされてしまうんですね。

また、最近では、クレジットカード契約時に、色々な特典が用意されていますが、このような特典目当てにカードを色々申し込み、そして解約を繰り返すのも、審査に通らない原因になりますがく〜(落胆した顔)

クレジットカード申し込み情報は半年間残りますので、最後にクレジットカードを申し込んでから7ヶ月後に、新たに必要なカードのみを申し込んでみてください。

以上の他に、覚えておくと良いのは、

・信用のない人物には発行しないという、カード会社共通の考えがある→普段から、お金に対する常識的な利用を心がけること!

・重視される審査項目はカード(会社)によって様々→自分が通りやすいカード(会社)を見つける!

ということもポイントですよexclamation×2

私が最もお薦めするカードはこちらぴかぴか(新しい)


posted by クレジットカードの審査 at 09:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月20日

クレジットカードの審査基準3C

私が最もお薦めするカードはこちらぴかぴか(新しい)

どのクレジットカード会社でも、独自の審査基準がありますが、共通した考え方に「3C」と呼ばれる3つの基準があります。

この「3C」と言われる3つの軸から申込者の信用力を判断されていますので、どういうものか知っておきましょう。

m1_gra[1].gif


Capacity(資力)
いわゆる、返済能力のことです。

継続して返済ができるだけの「一定の収入が定期的にあるか」という返済能力をみるもので、3つのCの中で最も重視されています目

「一定の収入が継続してあること」が高評価の条件ですので、自営業者よりも会社員が、勤続1年未満よりも数年以上勤務している方が、審査に通りやすいと言われているんですね。

パートやアルバイトなど非正規社員だとしても、1年以上は勤続して“信用”を付けるようにしてください。

Character(性格)
ここで言う性格とは、“お金に関しての性格”、つまり、「決められた日にきちんと返済できるか」「滞納をするような人ではないか」など、真面目さと信頼性をみるものです。

クレジットカード利用時に、その場では現金が要らないからと、“返す”ことを考えず、限度額いっぱいまで使うようだと、利用額を立て替えているクレジットカード会社側としては、非常に困る訳で、会社の経営にも関係してきます。

その為、カード会社は、信用情報機関に照会して、申込者の他社のカードの利用状況などを調べるんですね。

初めて作る場合は「該当ナシ」という照会結果が出ます。

クレジットカードを持つ鉄則として、“延滞や不払いはしない”“破産するほど使わない”、ブラック情報(金融・延滞事故)履歴は作らないようにしましょうexclamation×2

Capital(資産)
担保となる資産があるかどうか、現金(貯蓄)以外にも、家や土地などの不動産、有価証券、自動車などを所有しているかがチェックされます。

初めてカードを作る20代の若者などにとっては、ちょっと厳しいチェック項目になりますが、ここでは主に“住居”を見られますので、“自宅に固定電話がある”“親名義の家がある”などでもプラスになります。

以上の3つのCのスコアが共に高ければ、「安定して返済可能な信用できる人」だと判断され、審査にパスできる訳ですね手(チョキ)

ただやみくもに“職業”や“年収”の項目を審査されるのではない、3Cという基準があるのだと頭に入れておきましょう。

私が最もお薦めするカードはこちらぴかぴか(新しい)


posted by クレジットカードの審査 at 07:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。